言わずと知れたギャンブル漫画。
逆転にはロマンがある。
それが窮地であればあるほど尚更。
サブタイトルに「逆境無頼」とつくのは伊達じゃないくらい、逆転に定評のあるカイジ。
普段のダメ人間っぷりとのギャップと相まって、勝負中、特に追い上げる時のカイジのカッコ良さが際立つ設計。
元々、この作者は心理描写がズバ抜けて上手いと思う。
絵は決して上手くないのに、キャラの心情や葛藤がダイレクトに伝わってくる。
それだけに、ギャンブルも頭脳戦と言うより心理戦の色が強い。
カイジは特にそれが顕著で、良くも悪くもとても人間らしくて、だから共感を呼んだのか、数ある作者の作品の中で一番人気。
「カイジ」の中でも、特にEカード戦がめっちゃ良い。
単なる頭脳戦/心理戦なだけでなく、奴隷には奴隷のプライドが、悪には悪のプライドが在るとわかる激熱い勝負。

f:id:Marchan:20160206232059j:plain

 

 

f:id:Marchan:20160206232049j:plain

f:id:Marchan:20160206232052j:plain

f:id:Marchan:20160206232056j:plain